消費者金融の金利は、利用者にとって大きな負担にならないように、低めに設定されています。言うまでもなく、どこの消費者金融に申し込んでも金利はかかりますが、この要素についてきちんと考えてから申し込む方が、間違いなく得です。「消費者金融ならどこでも良いから」と捉えて申し込むようでは、利用後に「こんなはずではなかった」と後悔するだけです。
お金の計算
では、実際の金利は、一体どれぐらいの数値で設定されているでしょうか。金融機関が定める条件にもよりますが、年率で言えば3パーセントから18パーセントの間での設定となります。借り入れする金額が多ければ多いほど、金利は安くなるのです。仮に10万円を1ヶ月、年利18パーセントの条件で借りるとします。この場合、月利ですと1.5パーセントの計算となり、10万円の1.5パーセントである1500円が金利として発生するのです。もちろん、金利が安くなるキャンペーンを併用すれば、この金額よりも上手く負担を抑えることができます。

これはあくまでも一例ですが、消費者金融では、借り方次第では金利を安くすることができるのです。コツコツと返済を続けていけば元金が減るので、その分金利の負担も少なくなります。それならば、できるだけ安い金利の消費者金融を利用し、返済をコンスタントに行う方法を基本に考えるのが最善です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket